脳で物事を制御する方法:科学的ガイド

神経制御の世界で未経験の人にとっては、将来存在する可能性のある最先端のテクノロジーのように聞こえます。

しかし、実際には、ニューロコントロールは何年もの間使用されており、生活の多くの領域を包含する急速に成長している産業であることが証明されています。それはあらゆる業界に広がっており、思考の力で飛ぶマインドコントロールドローンから、生まれた腕を動かすのと同じくらい簡単に動かすことができる人間の拡張機能まで、あらゆる場所に現れています。

テクノロジーの駆け出しの形態と同様に、それはまだ完全には完成していませんが、毎日の科学的ブレークスルーにより、完璧な調和を達成するための一歩が近づいています。

神経制御が存在する方法

18世紀初頭に、科学者は脳に注意を向け始めました。脳が人体の動作に重要な役割を果たしていることはすでに何世紀にもわたって知られていたが、どの程度まで明確ではなかった。

実験は、ウサギなどの体外被験者を使用して開始されましたが、脳が体に与える制御レベルを評価するために、人間に対して行われる野barな慣行にすぐに進みました。

19世紀には、より正確な外科手術を実行するためのツールが作成され、トレパニング(本質的に頭蓋骨に穴を開ける)などの原始的な方法も検討されました。フロイトなどの学問を通じて、人間の生活の心理的側面に関する研究が行われ始めましたが、これは脳がどのように機能し、心理的障害とどのように関連するかに直接関係していました。

脳の洞察を垣間見た注目すべき例には、前頭葉の大部分を破壊した金属棒で目を通して突き刺されたフィニアスゲージの症例が含まれます。友人や家族は彼の行動の変化に気づき、それを新しい種類の心理学者が急いで勉強しました。

このようなケースから、心理学への人間の関心、そして脳がどのように機能するかの拡張として、急速に成長し、現在、ほぼすべての病院を飾っている心理学者とセラピストを通して社会で確立された場所を見つけました。

ニューロコントロールが直面する問題

もちろん、神経制御を完全に受け入れるためには、技術に完全な信頼を置く必要もあります。これは、かなりの数の人々がしたくないことです。これは、機械に囲まれた若者がますます成長するにつれて改善する可能性がありますが、現在の世代の心をつかむにはまだやるべきことがあります。

2016年の調査によると、アメリカ人の50%以上が人工知能技術に信頼も不安も感じておらず、神経制御が被験者の心と付属器の間の完全な結合に依存していることを考えると、これは変更する必要があるものですニューロコントロールが、誰もが知っている科学と医学の議論の余地のない突破口となる場合、私たちは日常の市民が教育され、それが提供できる多くの多様な利益について保証され、潜在的な関連リスクを軽減する必要があります。

ニューロコントロールの将来の応用

懐疑的な見方にもかかわらず、多くの人々(および多くの企業)がAIに直面すると、この種のテクノロジーが私たちの生活に与える可能性のある素晴らしい影響をすでに見ています。 AIは急速に成長し、多くの分野を引き継いでおり、10年前には夢にも思わなかったような利点をもたらしています。

AIとニューロテクノロジーの両方と連携するNeurogressは、神経制御デバイスにも同じことが当てはまることをすでに証明しています。ニューロテックを社会に導入する方法についての議論が激化する中、その可能性は指数関数的に増大しています。建設から医療分野に至るまで、あらゆる業界は、Neurogressの技術の進歩によってプラスの影響を受ける可能性があります。

私たちは技術革命以上のものに直面しています。 Neurogressは、私たちの次の人間革命、つまり種としての次の進化につながる可能性のある神経制御デバイスを作成しています。ニューロコントロールの力により、かつて私たちの時間とリソースを浪費していた仕事は、仕事を終えたと想像してベッドに横たわっている誰かによって達成することができました。

Neurogressのような企業のおかげで、Neurocontrolテクノロジーは過去20年間で大きな飛躍を遂げました。私たちが想像するよりも早く、ニューロコントロールは世界中の主流の治療オプションとして展開される準備が整います。

トークンを今すぐ購入して、未来の対話型マインドコントロールデバイスに投資してください。 Neurogress.ioにアクセスしてください。